アーティスト

在籍アーティスト

・喜羽美帆

喜羽美帆

喜羽美帆(よしばみほ)プロフィール【箏・二十五絃箏・三絃奏者】
幼少よりピアノをはじめ、7歳より箏・二十五絃箏・三絃を佐藤里美氏に師事。
生田流地唄箏曲松の実會 師範。
師範名 福田 操明櫻(ふくだそうめいおう)。
NHK邦楽技能者育成会第42期にて音楽理論を含め広く研鑽を積み、同時期、立教大学文学部日本文学科を卒業。
第二回琴によるポップス演奏コンクール 優秀賞受賞。
第四回同コンクール 家庭音楽会賞受賞。

箏・二十五絃箏ソロ活動を積極的に行うほか、多ジャンルとのDUO・アンサンブル演奏にも重点を置いている。
唯一の「薩摩琵琶・二十五絃箏DUO」としても活動し、第一回桂座音楽賞・
第二回和の響邦楽グループコンテスト 最優秀賞受賞。
全自作曲によるCD「忘れ水」発売。

CD録音や舞台音楽の演奏のほか、音楽劇作曲・編曲も多く手がけ る。
特に、舞・ダンスや演劇との生演奏・コラボレーションにおいて、表現と自らの感性を探究。
モダンダンサーと二十五絃箏のユニット 「朧と一閃」を組み、ダンス表現と音楽とのDUO活動も展開。
演劇・舞踊のみならず、絵画・水墨画や華道パフォーマンス等との
「動きと生演奏の創作舞台」も多数参加し、様々な活動のもと、
オリジナル・即興を含め新しい表現の形を生み出している。
琵琶・鼓・二十五絃箏ユニット「三つ巴」では主にコンテンポラリーダンス作品との舞台音楽の作曲・演奏を多く手掛ける。
作曲では、2011年邦楽ジャーナル誌主催
「野坂操壽×沢井一恵 ふたりのマエストロ―箏作品公募」にて
『ぼう-六条御息所によせて-』が第三位入賞。両氏により全国ツアーにて演奏される。

世界フィギュアスケート選手権 in TOKYOオープニング演奏・EU大使歓迎演奏・日本スイス協会 交流記念演奏・成田山新勝寺和洋絃楽器セッション・
フランス・リヨンと東京間をインターネットで繋ぎ、舞踏との同時 中継プロジェクトである
「Concert + Dance + Multimedia =NET ART」 XLR project参加、朗読と邦楽器による『デーモン閣下の邦楽維 新』など演奏機会は多岐多数に渡る。
明治座におけるインバウンド公演「SAKURA in the BOX」100公演でも箏生演奏及び演奏リーダーをつとめる。

和楽・洋楽の女性ユニットsakura projectメンバーとしても活動。
MLB(メジャーリーグベースボール)日本開幕戦前夜祭演奏等、 各方面で演奏。
東京都さくらコンサートや各国VIP招待演奏等も展開。
豪華客船『飛鳥Ⅱ』『にっぽん丸』『ぱしふぃっくびいなす』でのメインショー演 奏等様々な場所で演奏している。
東京都立晴海総合高等学校 特別非常勤講師(音楽・箏曲)・
及び箏曲部指導員。東京都立蒲田高等学校箏曲講師。
文化庁・文部科学省による芸術家派遣「文化芸術による子供の育成 事業 学校巡回公演」や
自治体主催の和楽器体験講座・邦楽地域活性化事業公演演奏を積極的におこなっており、
和楽器を身近に感じてもらう為の体験ワークショップ(幼稚園・小 学校・中学校・高等学校向け)や、
伝統音楽鑑賞会を全国で開催。
『喜羽美帆 箏(琴)・三絃教室』を開軒し和楽器普及活動と後進の指導にも力を入れている。
NHKテレビ「芸能花舞台」・NHKラジオFM「邦楽百番」・ラジオ ニッポン放送はじめTV等メディア出演も多数。
国立劇場・神奈川県立近代文学館・横浜能楽堂・鎌倉円覚寺・横浜 三渓園、その他ジャズバー・ホテル・料亭・寺院・庭園・学校など
形や大きさにとらわれずに様々なシチュエーションで幅広く演奏し ている。
地唄箏曲松の実会師範、(社)日本三曲協会会員、生田流協会会員 。